アニメ関連

TVアニメ『ONE PIECE』 第937話「トの康!えびす町一の人気者!」感想

こんにちは、ネコジャンです!

今回はフジテレビ系で毎週日曜日の朝9時30分から放送中のTVアニメ『ONE PIECE』の感想です。

あらすじ

トの康は判じ絵の札から討ち入りの計画を知り、奮い立つ。しかし計画はオロチ側に漏れ、反乱の意志を示す逆さ三日月の入れ墨を持つ者たちは捕らわれてしまう。

※TVアニメ『ONE PIECE』公式サイトより抜粋

兎丼 囚人採掘場

触れない打撃でアルパカマンをぶっ飛ばしたヒョウじい。しかし体力が無く渾身の一撃だった模様。

ワノ国では覇気のことを”流桜”と呼びます。
ルフィは覇気を流すイメージを掴もうとしますが、どうしても力んでしまいます。

流桜ってHUNTER×HUNTERで言う念みたいなものなのかな?
だとしたら流桜での駆け引きとかも出てきそうですね。

何度も言いますが覇気や流桜の表現が本当に格好いいですね。
これは漫画では表現しきれないのでアニメでしっかり補完したいです。

チョッパーサイド

ビック・マムと共に兎丼へ向かうチョッパー、お菊、お玉。

度々チョッパーを食べたそうに見つめるビック・マム。
この場面はアニメオリジナルかな?
チョッパーってよく食べられそうになるよね。

えびす町

トの康は討ち入りの計画の力になりたいと申し出ます。諸々詳しすぎるトの康を不審がる麦わらの一味。

原作の結末を知っているとトの康の振る舞いがとても粋で格好良いですよね。あそこまで自分を犠牲にして人助けをできるなんてすごい!

お人よしのトの康

得意の太鼓持ちでえびす町の住人を元気づけるトの康。更には食料まで配りまわります。トの康は当然大人気です。

身売りされた娘のおトコの仕送りを働けない者に分け与える。まさに仏です。

再び 囚人採掘場

ルフィは夜中までカイドウの部下実験台にし流桜の修行を行いましたが、会得することはできませんでした。

カイドウと戦う理由を尋ねるヒョウじい。
ルフィは邪魔なカイドウ部下を覇王色の覇気でぶっ飛ばします。
前まではその場で気絶する程度だったのに!
覇王色の覇気は鍛えることが出来ないとレイリーが言っていましたので、やはり潜在的をコントロールするのが上手くなったんですね。

理由は簡単。海賊王になるために四皇全てぶっ倒すから!
という事はシャンクスもぶっ倒すんですね!この戦いは絶対に見たいです!

っとその時、雷ぞうと懐かしい人物が登場!濡髪のカリブーです!

なんでカリブーがワノ国にいるの?ってことなんですけど。
原作の扉絵の短期集中連載で描かれています。

カリブーが囚人採掘場へ来た経緯

カリブーが囚人採掘場へ来た経緯を振り返ります。

魚人島にいたカリブーはジンベエに海軍支部G-5へ連れて行かれ捕まります。その後、弟と部下達が助けに来ますが、弟と部下達を見捨て一人で脱走。

しかし天罰が下ったか荒波に飲まれ謎の冬島に流れ着きます。そこには大きな武器工場があり強制労働を強いられる人々がいました。

カリブーはその島の英雄である”革命の子”ガブル”にそっくりだったので、ガブルに間違えられ、労働者は反乱を起こします。

この島はカイドウのお気に入りの島で部下のスコッチが守備を守備を任されていたしまで、当然彼との戦闘になりますがカリブーが勝利!

しかしその後に現れたドレークに惨敗し、今の囚人採掘場に連れていかれました。

ヒョウじい合流

そんなカリブーは帰りの船に乗せてくれと懇願します。
ルフィは心を入れ替えたならいいと受け入れます。
本当に連れていくのかな?

ヒョウじいは生きていた雷ぞうを目の当たりにし反逆の灯が消えていなかったと安堵します。

ここでヒョウじいも討ち入りに参加を表明します。
採掘場には何万人もの囚人がおり、殆どの罪状はオロチへの反逆。
ヒョウじいが口をきけば味方に転ずる。強い味方です。

その為にもカリブーが盗んできたおしるこで腹ごしらえ!

ネコジャン

それでは来週まで…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です