掲載順推移

週刊少年ジャンプ掲載順位推移【2020年45号まで集計】

こんにちは、ネコジャンです!

恒例の掲載順位の推移を解析していきたいと思います。

掲載順位とは

掲載順位は読者アンケートの結果を反映させているので、掲載順=人気順という指標になります。(あくまで目安なので人気作品も順位が悪いことはあります)

人気の無い作品は徐々に下位の掲載順となり、最後には打ち切りとなります。最悪の場合、連載後10週打ち切りなんてケースも多々あります。

残酷なようですが、こうした新陳代謝を促すことで沢山の新人さんへチャンスを廻すことができるのです。しかもジャンプとしても良い作品だけが残るというwinwinの体制なんですね。

というわけで、ジャンプ読者としては掲載順も重要なファクターの一つ。

それでは20号から45号まで集計してみましたので解析結果をどうぞ。

解析結果

注目作品

『夜桜さんちの大作戦』が大復活を遂げていますねー。
つい最近までは平均値が15位で安定しており、打ち切りレースに顔を出していたんですが、ここ3週はトップ10に浮上しています。

ジャンプに於いて、夜桜のようなストーリーものは一度順位を落とすと這い上がるのは至難の業なのですが、不死鳥の如く見事な復活を遂げてくれましたね。

1周年やオリジナルスパイのプロテクト期間を上手いこと有効活用して、大きな山場を持ってくることで人気を回復させた形かと思われます。

打ち切るには勿体ない作品なので、今注目されている間に更にファンを取り込んで頂きたいものです。

公式Twitterも開設されておめでたい事尽くしだ!

打ち切りレース

打ち切りレースがとうとう本格的に読めなくなってきました!

掲載順位推移での解析では打ち切り筆頭の『AGRAVITY BOYS』が次号でセンターカラーを獲得!
23週の平均値が17位ですよ!ここでセンターカラーだなんて寝耳に水!(使い方あってますか?)

人気が拡大中なのに、いつもドベか、ドベから2番目ってどういうこと??
打ち切り予想屋として自信が無くなりそうです…(笑)

応援している作品なのでいいのですが…、あまりに人気と順位が伴っていない…。

それと個人的な連載順位関係無しの大胆予想第1位の『ぼくらの血盟』もまさかの大人気御礼大増23P!?

ここへ来て私の感覚さえズレているのか?(笑)
私だけではなく、Twitter廻りではネガティブな意見が多数なのですが、実際はアンケートを取れているのかもしれないですね。
内容的に女性人気を獲得できそうなので、あり得るっちゃあり得るのか?

なんとも分からなくなってきました。
しかし『森林王者モリキング』については内容的にも畳み掛けている感じもありますので、こちらは引き続き打ち切りに一番近いでしょう。

まとめ

久しぶりに色々と動きがあって面白くなってきましたね。

まさかの打ち切り予想していた2作品が推され始めるだなんて思いもしませんでした。

荒れに荒れている打ち切りレース、もう一度しっかり解析する必要がありそうですね。

これからの動きが楽しみです!!

ネコジャン

またね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です